歩こう!札幌の地形と地質

評価:
前田 寿嗣
北海道新聞社
---
(2007-09)
コメント:身近な場所の見る目が変わる! 地学はやっぱり面白い〜

数日前、札幌で少し大きな地震があった。
関東で、その地震速報を見たところ、震度3とのこと。
私(札幌・中央区出身)「きっと清田区は、液状化で、もっと揺れてるよ」
相方(札幌・清田区出身)「ひどい!」
私「やっぱり扇状地じゃないとね〜」

お昼のニュースで、北広島IC(清田区のそば)の震度計では、震度5あったという話。
やはり、地盤によって、震度は異なるのに違いない。
数年前の地震のときも、平岡のジャスコは壁にヒビが入っていたもん。

というわけで。
『歩こう!札幌の地形と地質』を久しぶりに引っ張り出してきて、
相方に見せて、また「扇状地自慢」をしてみました。

この本は、札幌市街で扇状地が目で見てわかるところ(高低差が明らかなところ)や
地層、特徴的な岩石が見られるところが紹介されていて、かなり面白いです。
著者は、理科の先生みたい。
琴似・西野方面の河道跡とか、手稲山の地すべり地形とか、ぜひ、本を見ながら
あらためて観察に行ってみたいです。

地学LOVE
|2010.12.06 Monday|読書comments(0)|-|by さと

ボクらの時代 ロングヘアーという生き方

評価:
みうらじゅん,高見沢 俊彦,リリー・フランキー
扶桑社
¥ 1,050
(2010-08-19)
コメント:テレビ放送も見ましたが、内容が違っていて、驚きました。テレビはあたりさわりのない内容で、期待はずれだったんだけど・・・。本は下ネタたくさん、おやじのゆるゆるトークでおもしろかったです。

 日曜の朝にフジテレビでやっている「ボクらの時代」

朝7時からなので、見忘れることもあるけど、けっこう楽しみにしてます。
でも、番宣メンバーのときは、あたりさわりがなくて、つまんない。
ときどき、「これいいのか!?」って思えるメンバーのときがあり、要注目です。

いままでで、よかったのは、コレ。

・ガッツ、輪島、具志堅さん・・・まったく噛み合ってない!!!

・高橋英樹一家

・国生さゆり×新田恵利×城之内早苗・・・最近のヒット

・マツコ・デラックス、中村うさぎ、若林史江・・・もう3年くらい前かな?マツコを東京MX以外で見かけなかった時代なので、おもしろかったな〜

期待したけど、千秋×益若つばさ×RIKACO は、フツーだった。
コワイお姉さんが、つばさちゃんをいじめちゃう姿を期待したのにな〜


|2010.10.02 Saturday|読書comments(0)|-|by さと

沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史

評価:
佐野 眞一
集英社インターナショナル
¥ 1,995
(2008-09-26)
コメント:すごい本。。。。定価が安すぎる。いままでの認識が恥ずかしくなるくらいに、沖縄を語る前に読まねばならぬ本。

読みたいのをガマンしながら、ちょこちょこ2週間かけて読了。
見たことも聞いたこともなかった沖縄の姿にガツンとやられた。

総ページは656ページ。
元は『月刊 PLAYBOY』3年分の連載だそう。
単行本だけではペイしないだろうな。
この先こういう本は出てこられるのかな?

1週間で書けそうな軽薄な自己啓発本と、こういう本の
価格、印税が同じというのが許せなくなってくるほど、
心を揺さぶられました。

なんだろ、申し訳ない気分だ。
|2010.08.10 Tuesday|読書comments(0)|-|by さと

山本

「やまもと」じゃなくて、ヤマの本、走る本です。

『BORN TO RUN』は、久しぶりにワクワクしながら読めた本。
裸足で山を走りたくなります。ランニングシューズはいらない!
山、山、山!!!
(全然、読書感想になっていない)

これから読むのは。
相方が貸してくれた『八甲田山死の彷徨』。
新田次郎は、気象の仕事をしていたそうで、気象関係の描写が非常によいそうです。
涼しげです。

20100729111729.jpg
|2010.07.29 Thursday|読書comments(0)|-|by さと

電子書籍の衝撃

評価:
佐々木 俊尚
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,155
(2010-04-15)
コメント:現状がよくわかった

近所のジュンク堂では、この本が理系コーナーしかなくて驚いた。

リアル書店を応援する身としては、話題書、ビジネス棚への移動をお願いしたくなった。

努力不足だよね……本屋さん、がんばって!
|2010.05.29 Saturday|読書comments(0)|-|by さと

堕落する高級ブランド

 品質重視のブランドも、巨大企業になってしまうと……
株主のために利益を拡大し続けなくてはいけない。
センセーショナルであらねばならぬ。

けっこうページ数の多い本でしたが、高級ブランドが、利益追求、品質低下、大量生産になっていく過程がおもしろく、一気に読めました。
ほかの業界の中でもありそうだ。
評価:
ダナ・トーマス
講談社
¥ 1,680
(2009-05-13)
コメント:「ブランド物は、長く使えるから得なのよ」というエクスキューズが、ガラガラと崩れましたね……

|2010.04.23 Friday|読書comments(0)|-|by さと

スロトレは効果がある!

仕事でスロトレというものを知り、
10月に入ってからコッソリ取り組んでいます。
体も気持ちよく、ちょっと締まってきたかも(まだ早いかな?)
スロトレ完全版 DVDレッスンつき
スロトレ完全版 DVDレッスンつき
石井 直方,谷本 道哉
|2009.10.18 Sunday|読書comments(0)|-|by さと

安野モヨコ特集 プリンツ21

朝日新聞連載の「オチビサン」が大好きです。

で、この絵は水彩なのかな〜?ってずっと思ってましたが、ちょっと違うような気も。
うーん、さらにMACで処理しているのかな〜?などと考えていましたが。

いま出ている雑誌「プリンツ21」(安野モヨコ特集)を立ち読みしていたら、
ポショワールという版画技法で作られているそうです。

本にはその制作風景もとりあげられていて、ビックリしすぎて、思わず買ってしまいました。下絵を切り抜き、スタンプで色づけ。
これって浮世絵に通じるかも……。肩こり必須。
巻頭のポショワール作品集(着物を着た女の子とか)もレトロ調で素敵〜

「プリンツ21」を購入したのは、「高田純次特集」以来です……。

prints (プリンツ) 21 2009年秋号 特集・安野モヨコ [雑誌]
prints (プリンツ) 21 2009年秋号 特集・安野モヨコ [雑誌]
プリンツ21

オチビサン 1巻
オチビサン 1巻
安野 モヨコ
|2009.07.06 Monday|読書comments(0)|-|by さと

FAMOSO

酔っぱらった帰り道、コンビニで雑誌をバンバン買ってしまった。
そのなかの1冊『FAMOSO』はヒドくて面白かったけど、買わなくてもよかったかな……と後悔した。

しかし、その後、売り切れてしまったらしく、定価以上で売れた♪
2日分の食費くらい、儲かりました。
FAMOSO (ファモーソ)
FAMOSO (ファモーソ)
編集長:ビートたけし 副編集長:所ジョージ
|2009.04.07 Tuesday|読書comments(0)|-|by さと

「怒りのソウル」

去年、初めてソウルに行きましたが、韓流ブーム、ウォン安、美容大好き、ネット社会、儒教、クリスチャン……
韓国という国がよくわかりませんでした。
もちろん地元の人との深い交流もない、一観光客だからわからぬままで当然なんだけど。
なんだかいろんな現象がそれぞれ結びつかない。

本書では、若い世代の人たちが取材されています。
韓国のヒートアップしたお受験がよくニュースになるけど、
最終的に公務員にならないと、みじめな生活を送ることに・・ってことなのね。

兵役を拒否した人が受けるその後の弾圧の話が、とても興味深かったです。
「日本の9条の影の部分だ」と語る青年の話にも考えさせられました。
怒りのソウル―日本以上の「格差社会」を生きる韓国
怒りのソウル―日本以上の「格差社会」を生きる韓国
雨宮 処凛
|2009.02.25 Wednesday|読書comments(0)|-|by さと
 
プロフィール サイト内検索
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
新しい記事 カテゴリ リンク モバイル
qrcode
オススメ オススメ オススメ オススメ オススメ
ダニ捕りシート1枚
ダニ捕りシート1枚 (JUGEMレビュー »)

やっぱりコレが一番だ!
オススメ オススメ Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ